オーナーさまの声

他社よりもFC実績のあるFTCさんをビジネスパートナーに決めました。

京都府・大阪府 上野統括マネージャー

  • 買取専門
  • 多店舗経営

本業は塾の経営。ほかに看板工事業、フィットネス、焼肉店などを多角経営されている法人様。平成23年7月よりFTCチェーン店へ加盟。

DATA4店舗経営
《買取専門リサイクルマート4店舗》
●京都伏見店 ●京都松井山手店 ●堺三国ヶ丘店(大阪府) ●堺福田店(大阪府)

加盟のきっかけ・経緯

オリジナルで始めた塾でしたが、10年前に将来の少子化を見据えて他の事業を模索しており、そういった中、マーケティング事業と飲食事業をスタートさせましたが、風評被害や流行り廃りが多い事業とは別の柱を立てたいと考え、リユースビジネスに目をつけました。
正直、最初は他のFC本部に加盟するつもりで、契約目前まで行きましたが、FC展開の実績がないことに不安を感じ、再度調べ直したところ、FTCさんに出会いました。
他の同業他社さんのところも説明会に行ったりもしましたが、自由度が低いところも多く、そうでなくても正直、信頼感に欠け、会社の将来を委ねられる印象はありませんでした。
やはりビジネスパートナーとしてベクトルが合ったのが決め手だったと思います。

普段の営業で心掛けていること

10カ条ポリシー、会社の経営理念を常に考え、そこに反していないか、ブレていないかを常に考えています。
また、弊社では「仕事」ではなく「志事」として、日々の業務を捉えています。
「しごと」とは仕えることではなく、志を大切にしているからです。
お客様の目線に立って志事すること、ニーズには可能な限り応えていくことでお客様からの満足が上がり、各店の結果に繋がっていると信じて、スタッフにも常にそれを意識させるよう考えています。

また、弊社はロードサイド店舗での出店にこだわっています。
その理由は「定休日を自由に設けて会議をすることができるから」です。
会議をして、活発な意見交換や各店の情報交換をすることと同じくらい大切にしているのが、その後の食事会です。古い考え方かもしれませんが、「同じ釜の飯を食う」ことは大切だと思っています。そのための環境作り、雰囲気作りは私の志事です。

今後の展望

販路の拡大という部分でWEBでの販売を確立したいと思っています。
質屋の出店にも興味はありますが、それよりも、今のスタイルの店を軸として在庫リスクは最小限にしつつも、多くのお客様にできるだけ早く、高く、確実に販売できるスキームを作っていきたいと考えています。

加盟検討している方へ一言

リユースビジネスはどんな商売とも相性の良い業界だと思います。
企業の方にとっては、リユース事業が柱の一つとしてあれば、他のどんな商売にも相乗効果をもたらすと思います。
ユーティリティビジネスであるリユース事業を柱として立て、企業にマイナスな部分は一切ないと思いますよ。
また、これほどまでにやりがいがある商売もないと思います。安く買い取ることはできますが、お客様に喜ばれる志事をすることで、こんなにも感謝して頂ける商売もなかなかないんじゃないでしょうか。

  • リサイクルマート 堺三国ヶ丘店
  • リサイクルマート 堺福田店(H27.11.14 オープン)
  • リサイクルマート 京都松井山手店(H24.4.28 オープン)
  • リサイクルマート 京都伏見店(H23.7.24 オープン)

オーナーの一日

  • 9:45 〜 堺三国ヶ丘店に出社、朝礼(理念唱和)
    少人数での運営のため、毎朝はなかなかできませんが、スタッフのベクトルを合わせるための理念唱和は大切にしています。弊社の活力朝礼は気合いも入りますし、気持ちがいいんですよ!
  • 10:00 〜 書類作成
    リユース事業の事業責任者として店舗経営に関わっています。
    午前中は各店の昨日までの状況把握と定例会議のための資料作成を行います。
  • 10:30 〜 打合せ
    弊社では、別事業として看板工事や広告物のデザインも行なっています。
    今日はクライアントからの依頼を受け、POP製作のために看板デザイナーとの打ち合わせを行ない、修正内容の確認をしました。
  • 10:45 〜 数字・オークションチェック
    各店舗の売り上げが目標まで達成しているかをくまなくチェック。
    ネットも今は重要な販路となっています。
  • 11:30 〜 移動(出張買取へ)
  • 12:00 〜 倒産店舗へ出張買取へ
    今日は閉店した店舗様への出張買取です。
    商品は当社で持ち帰って販売しますが、什器はそのまま他の業者様に転売しますので、
    その業者様にも現場に来て頂きました。
  • 13:30 〜 メンバーと共に昼食
    仕事話以外に、世間話やたわいもない話などスタッフと気軽に話をします。
  • 14:30 〜 引き続きの作業
    今日の現場は予想以上に品数が多く、思ったよりも時間が掛かりそうです。
    店舗も広く、2階建てでしたので、応援部隊も呼びました。今日は力仕事になりそうです。
  • 19:45 〜 作業終了 移動
    当初の予定よりも時間は掛かりましたが、何とか積み込みまで終えることができました。
    想定外のお宝も手に入りましたので、良い出張買取になりました。
  • 20:15 〜 三国ヶ丘店に帰社
  • 20:15 〜 POPの再校正
    時間の合間を見てPOPのデザインを見直します。
  • 20:30 〜 堺福田店へ移動
    今日、買取した商材を各店に振り分けます。また、ブランド品の業者販売も予定しています。
  • 20:45 〜 ブランド品の業者販売(堺福田店にて)
    月末が近いため、商品換金のために専門業者に来て頂きました。
    エンドユーザー様に商品を販売することが多いですが、当社では、月内換金で目標粗利を出すことを必須としていますので、換金スピードの速い業者様に販売することもしばしばです。
    目の前で査定してもらいますので、交渉ができるところもこの換金方法のメリットでもあります。
  • 21:30 〜 引き揚げた商品・什器の荷卸し、各店への分配
    できる限りその日のうちに一通りの作業を終わらせます。
  • 21:45 〜 業務終了
    スタッフ同士とても仲良く仕事をしております。
    本日は足並みそろえて業務終了です。
    みなさんお疲れさまでした。
  • 22:00 〜 取引先業者様、スタッフを交えて食事
    この日は年末ということで、取引先の業者様も交えてプチ忘年会をしました。
    「同じ釜の飯を食う」ことで生まれる一体感がありますし、チームワークも高まりますので、
    飲みニケ―ションは大切にしています。
  • 23:00 〜 帰宅
    今日は出張買取が思ったより長引いたため、帰宅は少し遅くなりました。
    買取専門店は、業者様とのご縁、物とのご縁、スタッフとの絆が感じられる仕事だなと、日々実感しています。
    おかげさまで充実した毎日を過ごしております。