リユースビジネスについて

リユース市場は2020年には1兆8000億に、2025年には2兆円規模に広がる

リユース市場規模の推移と予測

不景気が長引く中、価値観の変化やエコ意識の高まりもあり、持っている品物を「お金に換えたい」「良い物を安く買いたい」この双方のニーズが見事に合致しポピュラーなビジネスとなってきました。
そうした裏付けとして中古ビジネス(中古小売業)の需要は年々増加しており、経済産業省やリフォーム産業新聞社の発表によると、2000年から2013年の13年間で約7.6倍の1兆4900億円のマーケートに成長したと言われております。
しかし、それでもまだ中古品の売買をした事がない人が日本国民全体の6割もいる事が環境省の統計でも出ており、また、家庭にはまだまだ使っていないけど売れるものが残っていると言われ、それは市場の倍あると言われており、リユース市場は2025年には2兆円規模に膨らむ見通しとなっています。
リユースビジネスは今後も、もっと成長する市場として私たちは考えています。
また、工具や携帯、お酒など、新たなジャンルの需要が増えてきた事も追い風となり、リユースビジネスは今後も、もっと成長する市場として私たちは今がチャンスと考えています。

市場の拡大による細胞分裂とインバウンド需要

リユース市場の商品別推定マーケットサイズ
インバウンド需要の拡大にる売上(免税)の伸び

point1でご説明させて頂いた通り、市場の拡大している様子はお分かり頂けたと思います。そうした中で、以前は「その他」と一括りになっていた商材も、リユースすることが可能となったために細胞分裂し、新しいリユース商材として定着したり、販路が増やせたことでそれぞれが1つのマーケットを形成していっております。一昔前では携帯電話の取り扱いなど考えられてもいませんでしたが、今では多くのリユースショップで買取・販売されています。
現在では高齢化社会の背景から介護用品、再利用の考えからお酒の空き瓶など、その時代に合わせた市場が開拓され、広がりを見せております。

また、最近では「爆買い」などもニュースで取り上げられるなど、訪日観光客の消費も多くなっており、リユース業界においてもその恩恵を大きく受けております。
そういったインバウンド需要とは別に、海外では、「日本で使用したこと」自体に人気が出てきました。その日本のリユース製品の人気が出てきたことによって生まれた「USED IN JAPAN」という言葉についてもリユース市場の拡大の証といえるのではないでしょうか。

フランチャイズ業界での位置付け

フランチャイズ 業界比較

フランチャイズチェーンは様々な業種があり、外食産業、コンビニ以外にも塾や介護サービス、ふすまの張り替えに至るまで、いろいろなビジネスがございます。
それぞれ、時代に合わせエンドユーザーのニーズに応え、様々なビジネスモデルを展開していますが、ここでは代表的な業種とリユース市場とを市場規模と伸び率についての比較を致しました。
市場規模も成長を続けており、今後の伸びも期待できる市場であることがお分かりになるのではないでしょうか。